越智 愛 の日常と〇〇

いつまでたってもイスタンブール 300万人を抱えるブロガーを目指す

JRとかの公共機関止まったらそれらに対してキレる人多すぎじゃない?

 

 

これ、本当に疑問。

 

昔っからずっと思ってる。

 

 

 

=====================================

 

 

まず、キレて何か物事が解決するのか?

という事がある。

 

あなたが電車を動かせと駅員にクレームを入れることで電車が動き始めるなら、

それはそれで良い判断だと思うし、怒鳴り散らせば良いと思う。

 

ただ、実際は無理でしょう。

すみません、と謝っている駅員を見るこちらの気持ちにもなってほしい。

もちろん止まった原因(整備不良とか不祥事とか)にもよるけれど、

どうしようもない自然災害や不慮の事故等で止まることだってあると思う。

 

それに対して、何とかしろ、早くしろ、と怒鳴ってどうなるというのか?

駅員だって止めたくて止めている訳では無いし、復旧に向けて対応中なわけだ。

そこに追い打ちをかける暇があるならば、さっさとドアだけ開けてもらって、

別の手段で会社に向かうしかない。

 

根底には「お金を出しているからこちらが客だ。だから言うことを聞くべきだ」

という考えがあるように思えてならないのだけれど。

個人的にはこの考え方は間違っていると思う。

 

 

お金を出すことでようやく、対等なのである。と思う。

 

レストランでもあるけれど、お金を出すからと言って偉そうに振舞うのと同じで

私たちは自分で料理ができないからお金を出すことによって、足りないスキルを埋めて、料理を求める。

レストラン側が初めから上なのである。

そこに、お金を払うことによって、レストラン側も料理をする。

「対価」という言葉があるようにお金を払うことによって、ようやく「対等」なのである。

 

「お金を払っているんだから、客の言うことを聞け」という言い分があるならば

「料理を作っているんだから、黙って飯を食え」と言うのと同じなのだ。

 

公共機関についてもこれと同じだと思っていて、乗車賃を払うことで対等なのだ。

金が無いなら歩け、という事だと思っている。

そもそも、交通手段を自身が持っていないためにお金を出して、公共機関を使わせてもらうのであるから、それに対して、不慮の出来事で止まってしまっても、

「それは仕方がない」と思わないといけないはずなのだ。

 

この状況で私たちは対等である。

 

対等だから、意見を言えないという事ではもちろんなく、「こういう改善をしてほしい」という要望はもちろん言うべきであるし、言えるものだと考える。

ただ、だからこそ偶然の事故に対しては誰もが平等だ。

どうしようもない。

 

お金を出すということが、何か特別な事のように思っている人が多いような気がする。

 

お金を払うということは、自分のできない能力を持つ相手、機関、団体に対して

「対等」になることができる、ただの手段である。それだけ。

 

 

「対等」であるだけなのに、必要以上、常識以上の要望を求めるのは間違っていると思うのである。

 

 

タイトルと違うような内容になったかもやけど、

そういう事である。