越智 愛 の日常と〇〇

いつまでたってもイスタンブール 300万人を抱えるブロガーを目指す

やりたいことNo.137 平田オリザの舞台を観る

 

観てきました。

舞台「さよならだけが人生か」

 

 

www.seinendan.org

 

 

元々はこの舞台の作・演出を手掛けている平田オリザさんの名前だけ知っていて

実際に平田オリザさんの書いた作品

 

 

bookclub.kodansha.co.jp

 

 

これを読んだのがきっかけでした。

この本、本当に面白いのでお勧めしたいです。色んな人に。

 

 

 

内容めっちゃ面白いんですけど、特にコミュニケーション能力とは何か?

と言うことを主題として話は進んでいきます。

が、コミュニケーション能力って聞いただけだと、

見知らぬ人の前でスラスラ話すとか、

誰に対しても臆せずに振舞うとか

そういう事をイメージすると思います。

もちろんそれもコミュニケーション能力として、人前で話すとか沢山の人と触れ合うと鍛えることができるとかそういう認識で間違ってはいないんだろうけど、それとは違った視点でコミュニケーション能力とはを語ってます。

 

 

 

その方法が舞台。シチュエーション。

 

 

 

分かりやすく言えば、会社でお偉いさんにプレゼンとかする時に

会社の役員室でプレゼンをするとめちゃめちゃに緊張するだろうけど

自分が良く行く馴染みのカフェとか、ライブハウスの中とか、

はたまた、スーツじゃなくて自分の普段着で音楽を聴きながらだとか、

そういったところだと緊張せずに普段の自分でいられるんじゃないの?ってこと。

 

 

 

 

つまり、実際に相手とのコミュニケーションの中で

その場所とか状況も大きな意味を持っているんではないの?

と言うことが書かれてます。

 

 

 

(もちろん、もっと深くコミュニケーションとは何かについて掘り下げられてますが、

 僕の理解力だとこれが限界です。)

 

 

 

と言うことはつまり

人とのコミュニケーションが苦手という人もいる中で相手と自分という2要素に

環境という第3要素をぶち込んだら一体何が起きるのか?

つまり第3要素によって

まだまだ色々な変化を起こせる可能性が残されているんじゃないか?

人為的なものでしかないと考えられていたコミュニケーションも、

別の要因で変革を起こせるんじゃないか?ってことが書かれてます。

 

 

コミュニケーションにおいて、その角度から変革を起こす

という考え方に衝撃を受けました。いや、ほんと。 

 

 

 

と、こんな風にこの本が面白過ぎたので、

その人が手掛ける舞台って一体どんなもんなんやろ?

と言うことで見てきたのがきっかけでございました。

 

 

 

 

舞台の内容は見てのお楽しみと言うことで。

観た方、ぜひ感想を語り合いましょう。

独特の世界観でした。笑