越智 愛 の日常と〇〇

いつまでたってもイスタンブール 300万人を抱えるブロガーを目指す

当たり前とは

 

 

当たり前のことを書いている記事とかブログとかが大学生の時と比べて大分目につくようになった気がするのは気のせいでしょうか。

 

やや物騒なニュースも多いこの頃。

 

社会人になったこの時期だからこそ、無意識のうちにそちらに自分のアンテナが向かっているかもしれないとも思う。

 

当たり前のことと言うのは河合隼雄さんの「心の処方箋」に書いてある。

ここで言う当たり前のことと言うのはそういう事を言っている。

 

 

何にせよ、当たり前のことすら教える必要があるというのは大きな問題であると思う。

この問題を河合さんは4年も前に言っているけれど、発展が進む世の中のどこか

そういった事を教える環境、

いや教えるということではなく

そこにあるのが当然という、

居るだけで慣れていく環境

というものが失われていっているのかも知れない。

 

言いたいことや伝えないといけないことと言うのは回りまわって、根っこの部分は同じままで進んでいくのかもしれません。

 

 

大事なのは「自分が譲れない部分」と「当たり前とは何か?」という部分の

バランスであると常々思います。