越智 愛 の日常と〇〇

いつまでたってもイスタンブール 300万人を抱えるブロガーを目指す

他人に対して腹を立てるほど優しくなれない

 

 

誰かに対して腹を立てて、それを感情や行動にのせて表現をするのは

とてもエネルギーのいることだと思う。

 

 

そのためか、他人に対して腹を立てるという感情を

最近はほとんど持ったことが無い。

 

 

その代わりに出てきた感情が「諦め」であると思う。

 

 

 

駅の改札で詰まってる人だとか、

ATMの前でめっちゃ時間かかってる人とか、

電車の列に割り込んでくる人だとか、

自分の事を棚に上げて指摘してくる人とか、

約束を全然守らない人だとか。

 

 

知人ではない赤の他人に対しては、腹を立てたところでどうしようもないし、

知人に関してはそういう事をする人なんだなと思って距離を置いてしまう。

 

 

 

なので、見知らぬ赤の他人に対しては別として、

知人に対して腹を立てた時に、

きちんと自分の思いを乗せて相手に対して自分の意見を言える人は、

相手に対してこうなってほしいという気持ちであったり、

自分のエネルギーを使ってまでも相手に熱意を伝える姿勢があるという意味で

とても優しいと思う。

 

  

 

こういう話を時々他人にすると、返事は様々であるのだけれど

色々な意見が返ってくる。

ただ、一つだけ挽回したいことがある。

それは「相手のことを馬鹿にしすぎている」と言われることに対してである。

 

金輪際、馬鹿にはしていない。

これは誓っていい。

 

 

「その考え方って自分の考えは相手に伝わらないからって、相手を見下している」と

言われたときは驚いた。

 

 

なぜ、自分の考えがわかってもらえないから諦めるという考え方相手を見下す

という発想になるのか。

 

 

恐らく

「その考え方って自分の考えは相手に伝わらないからって、

 (相手は自分の言うことが理解できる人物ではないと判断して)相手を見下している」

と言う事なのだと思うけれど。

 

 

 

相手にわかってもらえないということはつまり、

そもそも考え方が違うのだ、というただそれだけで終わりの話であって

それ以上でも以下でもない。

十人十色という言葉があるように多様性を認めて終わりの話だと思っている。

それを分かってもらうように説明をするほどのエネルギーは無いし、

優しくはないというただそれだけの話である。

 

 

 

 

 逆に

相手と話しさえすれば、自分の考えを伝えきれる、他人とは必ず分かり合える、

という様に考えることは傲慢であるとさえ思う。

 

 

 

 

  

ただ、相手にあまり期待しないとはいえ、きちんとダメージは受けている。