越智 愛 の日常と〇〇

いつまでたってもイスタンブール 300万人を抱えるブロガーを目指す

「報・連・相が大事」という言葉をそのまま「報告・連絡・相談することが大事」と思っている人多すぎ問題

 

 

意味違うわ。本読め。本。

 

 

多分、「報・連・相」という言葉が誰が言い出したのかも知らずに

なんとなくみんなが使ってるから使ってるんだと思うけど。

 

使うのはいいが、それを周りにさも当然かのように振りまくな。

 

少なくとも、提唱者が「報告・連絡・相談することが大事」

という意味で「報・連・相」を言い始めたわけでは無いことくらい知っとけ。

 

 

と、思うこの頃。

 

 

===========================================================

 

 

 

言葉の意味って、浸透していくことでどんどん変わっていくのが常なので

どこまで突っ込んでいくのかは難しいところだと思いますが。

 

 

元々の報・連・相の意味って、

「報告、連絡、相談をしやすい環境を会社全体で作り上げていこう、

 そして最終的に風通しの良い会社を作っていくことで、

 一人一人の能力を最大限に発揮するのが目的だった」

 と言われてますね。

 

 

 

そりゃそうだろ。

 

 

 

 

と思います。

報・連・相が大事て言われて、報・連・相をしようってなるんなら、

典型的な「手段が目的になってる」話じゃないですか。

 

 

 

 

報告・連絡・相談が大事だなんて別に社会人にならなくても

小学生くらいから知っているもんじゃないのかと思います。僕だけ?

 

 

そんなことをいちいち教えられなくても、自分が組織の一員で、

何かに取り組んでて、やらかしたり、失敗したらとりあえず相談はするだろう。

むしろ、してきたはず

 

 

特段、「報告・連絡・相談が大事だと言われたからする~🎵」

みたいなハッピーな人はいないだろう。

 

 

それじゃなんで、学生の時にはそういう事が出来てて、

社会人になったら今更、ホウレンソウが出来ないのか??

 

 

答えは簡単すぎるほど簡単(だと、個人的には思っている)

 

 

ズバリ、周囲と信頼関係がないから。

 

 

ただこれだけのことだと思う。

 

 

自分と仲が良い友達10人くらいで会社を立ち上げたとするじゃないですか?

その際に自分が大きな取引で失敗して、すぐに報告しないと会社の存続に関わる、

みたいな事案が発生したとしたら、まず間違いなく直ぐに報告すると思うんですね。

 

「やべぇ、やらかしたかもしれん。」

「どした?」

「あの案件、飛びそうだ。やばい。」

「マジか、はよ帰ってこい、会議するぞ」

 

くらいのノリで会話になると思うんですよね?(想像)

 

ここには、その周りの友人たちと既に信頼関係ができているので、

自分がマイナスな事を報告しても頼りになるし、

全員で物事に取り組もうという関係が既にあるわけです。

さらに他のメンバーの為に頑張りたいという熱い気持ちもあるので、

自分のミスは自分で取り返したい、という気持ちから

真っ先に報告をすると思うんですね。

サークル活動とか、部活動とか物事の規模は違えど、

こんな感じだったのではないかと。

 

 

要は、友達だから言い易い

ただこれだけ。

 

 

それが、社会人になると

学生時代の友人のような付き合いをするのはなかなか難しいのが正直なところ。

信頼関係ができていないので、

 

報告しても怒られ、連絡しても怒られ、相談しても怒られ、

という考えがまず頭をよぎり、

 

(最終的に報告しないといけないのはわかっているけれど)

「どうしたらいいんだろう。。。」

「何から言えばよいのだろう。。。」

「何でこうなってしまったのだろう。。。」

 

という負のループに陥り、、、

 

みたいな感じになっているのかと。

 

 

もちろん、自分の意志で選んでその組織に関わっている以上、

組織のことを優先するべきで、信頼関係がどうとか言っている場合じゃない、

という考えもあるとは思いますが。

 

 

それだけで快適に過ごせたら苦労はしないですね。

 

 

 

後半雑になった。